投資って何?投資について学ぼう!


 

格言から学ぶ投資の注意点

投資については先人が様々な格言を残しています。

「卵は一つのカゴに盛るな」

一つのカゴに卵をすべて盛ってしまうとそのカゴを落とした場合、すべての卵が割れてしまいます。しかしいくつかのカゴに分けて持っておけば、そのうちの一つのカゴを落としたとしても他のカゴに盛った卵は無事で済むということです。投資でいうと一つの商品に投資するよりも複数の商品に分散投資してリスクを分散させましょう、という注意ですね。

「遠くのものは避けよ」

「遠くのもの」とは「知らないもの」という意味です。よく知りもしない投資商品に、単に人気があるからというだけで手を出すと知らないことで生じるリスクが高いということですね。また距離的に遠いと言う意味で海外の商品なども情報が少なくなるので確実でない情報にのることは避けるべきであるということです。

「入るを量りて出ずるを制す」

財政の心構えとしてよく聞く格言ですね。入ってくるお金を計算してからその収入に見合ったお金の使い方を考えなければならない、という注意です。絶対に生活に必要なお金で投資を行ってはいけません。

  MENU
  株式は損?
  投資の種類
  株式投資
  投資の方法
  不動産投資信託について
  FXの利益について簡単に説明します
  先物取引について分かりやすく説明します
  格言から学ぶ投資の注意点
  サイト情報

  その他情報
  歯科
  ローン
  コンピュータ
  転職
  健康
  美容
  保険






Copyright(C) 2011 投資って何?投資について学ぼう! all rights reserved.