投資って何?投資について学ぼう!


 

不動産投資信託について

土地を有効活用するための資金調達方法として、
不動産の証券化があります。
不動産を金融商品化して投資家から資金を募るのです。

投資家から得た資金を不動産に投資して、
得られた収益を投資家に分配する仕組みです。

不動産を証券化することによってお金が無くて土地を有効に利用できなかった企業側は資金を調達することができ、
投資家達は不動産に投資するチャンスができるのです。

不動産証券は証券取引所で売買されているものもありますので、
証券会社を通じて投資ができます。
証券会社の日本版不動産投資信託(J-REIT)がそれですね。

不動産投資信託とは、投資家から集めた資金をファンド化し不動産の専門家がオフィスやマンションなど不動産に投資して運用します。
投資した不動産の賃料収入などの収益から投資家に分配します。

証券は株式と同じように証券会社を通じて売買ができます。
不動産へ直接投資する場合は資金が高額になってしまいますし
流動性が低いというリスクもあります。
価値のない土地を売りつけられるなど投資用不動産の取引に関する
トラブルも増えていますので十分に検討してから投資しましょう。

  MENU
  株式は損?
  投資の種類
  株式投資
  投資の方法
  不動産投資信託について
  FXの利益について簡単に説明します
  先物取引について分かりやすく説明します
  格言から学ぶ投資の注意点
  サイト情報

  その他情報
  歯科
  ローン
  コンピュータ
  転職
  健康
  美容
  保険






Copyright(C) 2011 投資って何?投資について学ぼう! all rights reserved.