投資って何?投資について学ぼう!


 

役員退職金と保険

一般に、退職金といえば 就業規則や社内規定で
定められていれば 支給されるものだと思いますよね。

しかし、これは一般の従業員に当てはめられるものであり、
取締役などの役員は該当しないものです。

役員は、就業規則の他に株主総会や役員会の決議によって
支給されるか、されないかに分かれます。

つまり役員になると退職金が出ない可能性もあるということです。

そのため、役員退職金の準備として生命保険に加入・活用する
という手法を取られることがあります。

生命保険をうまく活用することにより、
事業資金が不足した時などに備えた保障を得ることが出来ます。
また、生命保険は種類によっては保険料の損金処理が可能で、
それを解約返戻金という形で退職金の積み立てに充てられます。

退職時に生命保険を解約すれば、
解約返戻金を受け取ることが出来ます。
退職金を得たい、他役員にも出してあげたい...とお考えなら、
役員退職金保険一括見積りなどを利用し、
もっとも有効な保険を探されてみると良いでしょう。


子どもと遺族年金制度

一家の大黒柱に万一のことがあったら、
頼りになるものが遺族年金です。

遺族年金制度では年金制度に加入している方が亡くなった場合、
その人に生計を維持されていた配偶者や子どもなどに対して
遺族年金が支給されます。

支給される遺族年金の種類は
亡くなった方がどの年金制度に加入していたかによって異なります。

自営業者など国民年金に加入している場合は
遺族基礎年金が支給されます。

サラリーマンなど厚生年金に加入している場合は
遺族基礎年金と遺族厚生年金が支給されます。

公務員など共済年金に加入している場合は
遺族基礎年金と遺族共済年金が支給されます。

遺族基礎年金は
18歳未満の子ども(高校卒業まで)がいる世帯にのみ支給されます。
子どもがいなければ
遺族基礎年金は支給されませんので注意が必要です。

遺族厚生年金と遺族共済年金は子どもがいなくても支給されます。

他にも万が一の場合に備えるなら生命保険に加入する方法があります。生命保険は法人が退職金の資金財源として利用するなど
幅広い利用方法が魅力的です。

  MENU
  株式は損?
  投資の種類
  株式投資
  投資の方法
  不動産投資信託について
  FXの利益について簡単に説明します
  先物取引について分かりやすく説明します
  格言から学ぶ投資の注意点
  サイト情報

  その他情報
  歯科
  ローン
  コンピュータ
  転職
  健康
  美容
  保険






Copyright(C) 2011 投資って何?投資について学ぼう! all rights reserved.